G Suite‎ > ‎

「Google for Nonprofits 導入支援プログラム」お申込み

Google for Nonprofits の利用資格

  1. 次の要件を満たしていること必要があります。
    ・日本国内に拠点を置いていること
    テックスープ ジャパン(TechSoup Global の地域団体)に現在登録されており、有効なアカウントを持っていること
    ・特定非営利活動法人、公益財団法人、公益社団法人、一般社団法人、社会福祉法人、または公立図書館として登録されている団体であること
  2. 以下の団体はご利用いただけません。
    政府の事業体および機関
    病院、健康管理団体
    学校、保育所、学術機関、大学(ただし、教育団体の慈善事業部門は可)。

【ご利用開始に当たり】
G Suite for Nonprofitsのご利用を開始する際には、
  1. ドメイン取得
  2. DNS登録
  3. TechSoupへの加入
  4. G Suite申し込み
  5. G Suite設定
が必要となります。
当社はこれら一切の手続きと作業をお受けいたします。
作業完了後は直ぐにサービスをご利用頂けます。
お申込みはこちらから

<ご利用開始までの流れ>
お申込みを頂きましたら、TechSoup(日本NPOセンター)への団体登録を当社にて行います。

その間にお客様は、
・団体確認書の記入(当社にて用意します)
・登記簿謄本の取り寄せ
・NPOヒロバの情報登録/更新
G Suite導入ヒアリングシートの記入(当社にて用意します)
をお願いします。

TechSoupへの団体登録が終わりましたら、G Suiteの開設手続きに入ります。
その際にお客様の方では、DNSの登録/変更になります。
詳細につきましては当社より説明させて頂きますので インターネットの知識に不安のある方でもご心配は不要です。

【お金は一切かからないの?】
G Suite for Nonprofitsは、Google社が非営利団体向けに提供している無料サービスであり 一切のライセンス料がかかりません。
一方でこのサービスを利用するに当たっては、 ドメイン取得、DNSサーバーへ登録、TechSoupへの加入が必要になります。
これらにかかる費用について、最初の1年間につきまして全て当社がご負担致します。
したがいまして初年度は完全に無料でご利用頂けます。
初年度ご利用になって、サービスを終了される場合には一切の費用はかかりません。
2年目以降も継続されるご意向があり、かつ保守を当社にご依頼頂ける場合は 有償にて保守契約をさせて頂きます。
保守を他社に移行される場合や、保守契約自体が不要な(ご自身でメンテナンスを行われる)場合は、登録を移管させて頂きます。その際には移管手数料を頂戴しております。
2年目以降の保守料金や、サービスを他社に移管される際に発生する費用につきましては、こちらをご参照下さい。

【提出書類は全て必要なの?】
提出書類は全て必要です。
登録に多少の手間を要するのは、それだけ登録後の特典が大きいためでもあります。
TechSoupの登録が完了すればGoogleだけでなく、マイクロソフト社の大半のソフトウェアも標準価格の15%程度で入手可能になります。
そのため、本来は資格の無い個人や企業/団体が不正に特典を利用しようとするケースがあると聞きます。
こうした
不正利用を避けるために、法人の証明と法人情報の提出は必須となっております。

【パートナーを募集しています】
このサービスを少しでも多くの非営利団体様に知って頂き、ご利用頂きたいと思っています。
そこでサービスの拡販やサポートに協力頂けるパートナーを募集しています。
またサービスを対象団体に紹介/ご導入頂けた際には、謝礼のご用意もございます。
詳細につきましては、下記「お問い合わせ先」にご連絡ください。

【お問い合わせ先】
株式会社FASTER NPO支援センター
担当:竹内Google 公認アソシエイト - G Suite 管理者)
Eメール npo@faster.ne.jp